陽転思考の人間学講座 第4回 幸せに生きるための脳の使い方


ログインするとフルムービーでご覧いただけます。
(非ログイン時はダイジェスト再生)

人間の脳はマイナス要因を感じやすくできている!?
過去の経験から未来を遮断していませんか

自分にはできるわけがない、あの人は特別だから。このように考えてしまうことはありませんか。
無意識のうちにへりくだり、せっかくの可能性や成長のチャンスに自らフタをしてしまう人が多くいます。
人は過去の経験から、根拠もないのに無理だと判断してしまうのです。

では、なぜこのようなことが私たちの脳では起きるのでしょうか。
セミナーをチェックして、マイナス思考を陽転思考に変えましょう。
啓発本を読んでもセミナーに参加しても長続きしない方へ。
やる気がわく言葉を連呼するよりも経験が重要。
書店にはたくさんの啓発本が並んでおり、どの本を開いても、「ポジティブに生きる」といった内容が書かれています。
読んでいるときはやる気になっても、実践できる人は一握りではないでしょうか。
また、セミナーに参加して、人生の輝きに涙を流したのはいいものの、次の日にはすっかり忘れてしまっているなど、人間の脳が元に戻ろうとする力は強いものです。
皆さんは元気すぎる人を見て、疲れた経験はありませんか。人間は「マイナスを含めて人間」なのだと小田先生は話します。
ポジティブな言葉を繰り返したところで、人の脳には誰しもリミッターがあるのです。
自分はダメという岩盤を打ち破るための考え方をセミナーで学びませんか。

講座詳細

必須知識
特になし
担当講師

#

講師 小田全宏

東京大学法学部卒業後、(財)松下政経塾入塾。
松下幸之助翁指導のもと、一貫して人間教育を研究。
多くの企業で「陽転思考」を中心とした講演と人材教育実践活動を行い好評を博す。
NPO法人「日本政策フロンティア」を設立し、理事長を務める傍ら、
NPO法人「富士山を世界遺産にする国民会議」運営委員長として全国を東奔西走している。

小田全宏オフィシャルサイト